そして僕がドナルドになった話

体験記
スポンサーリンク
  • こんにちは、なおきちです!!

このブログをボーッ・・と眺めると、やたらと

ドナルドに溢れているッ!!!

あるいは

ドナルドで充たされているッ!!!

ことに気づきませんか?

ブログサブタイトルの、「ときどきドナルド」ってなによ?

って思いませんか?

そう、僕はドナルドレイヤーでもあるのです。

スポンサーリンク

始まりは、突然に

2017年のハロウィンの頃、パートナーの「ドナルドA」と、USJに遊びに行こうって話になりまして。

せっかくなので、コスプレでもしようか?って流れになりまして。

あーだこーだお題を話し合っているうちに、

「ドナルドでいんじゃね?」

って、なりまして。

決して適当に決めた訳でも、ヤッツケな訳でもなく、ドS級社畜ismたちが繰り広げる会議~、

例えば・・・

・当然寝れない空気感、なんていうか眼光ギンギン

・公休日であっても会議には参加、モチロン公式記録は休み、なのに休みを主張する気はない

・長い、果てしなく長い。一杯のカルピスを極限まで薄めたような中身のない長さ

 

~よりも、はるかに濃度の高い話し合いの末、議決されたのです。

 

彼を知り己を知れば百戦殆うからず

 

 

我が国が誇るテーマパークと言えば、

 

「東のディズニー、西のユニバ」

 

と申しますが、その在り方は大きく異なります。

 

例えば開園時間のとらえ方。

普通で言えば、AM10:00開演であれば、ゲートが開くのは当然朝の10時ですが、USJは違います。

 

「今日はお客さんぎょうさん来てはるさかいに早よ開けたろ」的に前倒しにオープンしたりします。

さすがあきんどの国のテーマパークですね。

 

ゲストのとらえ方も、ディズニー夢の国の雰囲気を壊さないようにするためコスプレ禁止。

逆にUSJはOK、つーかおもろかったらええやん的発想。※但し、武器と見なされるアイテムについては所持不可。

って事はですよ、かなりのハイレベルなレイヤーさん達がしのぎを削るクオリティーの中で初陣を飾らなければならないって事なんです。

さあ、いよいよ盛り上がって参りました!!

 

*「かった ぶき やぼうぐ はそうび しなきゃだめだぜ

 

 

まず、結論から言うと、我々のコスプレ初陣は大成功でした。

 

一般のゲストさんからも写メラッシュはおろか、ハイレベルレイヤーさん達にも受け入れて頂ける仕上がりとなりました。

 

お目当てのアトラクションに向かって数メートル歩くごとに「写真いいですか?」、

そして立ち止まるとすぐに写真待ちの列が出来上がります。

 

そして、完成度の凄く高いレイヤーさん達も大喜びで「写真撮りましょう!!」とのお声が!

 

いろいろ二人で模索しながら仕上げた甲斐がありました。

 

今回の勝因は?

 

とは言え、ディティール的にはよく見ると「ん?」となる部分はたくさんあります。

本物のドナルドと見比べると「違うなあ」と思う部分だらけです。

 

それらを差し置いて、限られた時間、予算、道具、でできること・・・それは、

ドナルドになるための3つのお約束

①赤、白、黄色の配色を徹底させる。

②ドーランを使用することで“ドナルド感”を押し上げる。

③デフォルトより大きいアフロにすることで、アイコン的な印象値にする。

でした。

これらのみを特化させることで、「ドナルド」をアイコンとして表現することができたと思います。

特に、「ドナルドA」の意見で採用された③はドナルドをよりドナルド足らしめた大きな要素だと思っています。

 

勝因、「コピー」ではなく「カヴァー」としてドナルドを作り上げた。

ことが、一番じゃないかなぁと思っています。

 

ドナルド第二章~そして伝説へ

 

パートナーの「ドナルドA」との共通点は、

 

凝り性である!!

 

ということ。最初はなんてことのないテーマでなんとなくコスプレでもすっか?みたいなノリだったんですが、

 

せっかくやるんだったらとことん楽しもう!!

 

の結果、今まで体験したことのない、新しい扉を開くことになりました。

 

実際、コスプレをするのは生まれて初めてでしたが、当人だけでなく、周りの方々にも楽しんで貰えたことがとても嬉しかったのです。

 

そして、この結果に気をよくした「ドナルドA」と「ドナルドB※なおきちくん」は、新しいドナルドコンテンツを模索しだすのですが、このはなしはまた次回にでも。

 

楽しまないとソン!!人生一回きりでしょ?と思うわけなのです。

 

体験記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\ よければシェアおねがいします♪ /
スポンサーリンク
しゃちログ幸福論のススメ
タイトルとURLをコピーしました