魔導士系のボスは何故みんなスリッパをはきたがるのか?

ドラクエ大百科
スポンサーリンク

年中雪に閉ざされた一面銀世界の大陸「ロンダルキア」。

こんな辺境の土地に根城を構え、世界を手中に収めんとする邪教集団の党首「ハーゴン」。

彼はなぜ、このような辺ぴな土地から世界を狙おうと目論んだのでしょうか?

 

こんにちは、なおきちくんです♪

 

前回の「シドー」編の補足として、今回はドラクエⅡのラスボスかと思わせ、最後まで引っ張っておきながら、なんのことはない前座だった「ハーゴン」さんを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

魔道士系のビジュアル「ダサかっこいい」の法則

ゾーマ」さんの考察でも触れたのですが、今回紹介する、ドラクエⅡのなんちゃってラスボス「ハーゴン」さんもまた、スリッパ姿で勇者ご一行を迎え撃ちます。

ゾーマさんの場合はお部屋タイプのスリッパでしたが、「ハーゴン」さんは”健康サンダル”、通称「便所スリッパ」スタイルなんですね。

 

確かに「ハーゴン」さんは歩くと”ペタペタ”うるさいですし、前髪もM字状に後退しています。

ですがDAISOかよ!!とツッコミを入れるには早計です。

 

よく見てください!杖の棒のトコ、耳たぶ、スリッパ、全て同じ紫に統一されています。

東京なら「半蔵門線」、大阪だったら「谷町線」のカラーリングですね。

同様に、「ゾーマ」さんもまた、東京メトロ「銀座線」カラーでコーデを纏めてきていますね。

 

このことから、魔力重視のボスキャラたちは見た目にかなり気を使っていると考察されます。

例えば大統領が演説をするとき、「赤いネクタイ」を絞めてスピーチをしますが、”赤”はエネルギーを連想させる心理効果があると言われています。

彼らもまた大勢の群衆を束ねる指導者であることから、

 

「ハーゴン」は”スピリチュアリティ”の象徴であり、心身のバランスを整える効果のある紫を、

「ゾーマ」さんは“食欲を増進させる効果”があり、カジュアルで楽しい気持ちにさせてくれるオレンジを選択したのです。

 

指導者って大変ですね・・・。

 

やはり勇者の存在は手を焼くものです・・

ドラクエⅡの世界は、初代「ロト」の勇者が「竜王」さんを倒してからはるか未来の物語です。

 

ロトの血を引く勇者の末裔は3人。

勇者Aー勇者Bー勇者C

真ん中の少年は「ローレシア」の王子。見た目通りの脳筋物理アタッカーです。

みどりの服を着たチャラ目のコが「サマルトリア」の王子。ロトの子孫のハズなのに魔法も打撃も全部!中途半端なやっかいなコなのです。しかもパッケージでローレシアの王子のケツをレイピアで突き刺してるし、ホントなんなの?

右端が「ムーンブルグ」の王女。お察しのとおり、ヒーラー兼魔法アタッカーです。彼女なしでは生きていけません。

そして世界征服を目論む身として、宿敵「勇者」を名乗るガキ共を始末してしまうことが最優先課題なのですが、「ムーンブルグ」を滅ぼした上で、ロトの血を引く王女をなんと「犬」に変えてしまったのでした。

邪神シドー

ハァ!?犬にするとか、オメ―、世界征服する気あんの??

 
と言われそうですがよく考えてください。
 
仮にですよ、ペットショップにフラっと立ち寄って、異常にクンクンしてくる子犬をアナタは王女だと思いますか?
 
ドナルドA

いや~ん、めっちゃカワいいや~ん♡

 
と言うカノジョをニヤニヤ眺めるのがせいぜい関の山でしょう。
 
勇者の一族は殺しても殺しても「ザオリク」で復活します。ならば、コミニケーションを取れない存在にして放置しておけば、殺さずとも頭数を間引くことができるので非常に有効な手段ですよね。
 

なのに詰めと維持管理はけっこうズサン

ここまで周到に仕込んだにもかかわらず、勇者の末裔は3人集結し、決起してしまいます。

 

要因は、「犬にした王女」をそこら辺の町に野放しにして「ヨシ」としていたのが大きいでしょう。

 

仮にラストダンジョンの「ハーゴンの神殿」の最奥にでも犬小屋を誂えておけば、勇者はたった二人でラスボス手前まで旅を進めなければならなくなるので、大幅に勇者の進軍を足止めできていたことでしょう。

 

その前に、3人とも犬にしておけばよかったのでは?とも思いますが、そこはスポンサー様の「ENIX」からNGが出たのでしょうか。世界を統べるのも大変ですね。

 

©2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.©SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO

 

タイトルとURLをコピーしました