ドラクエⅢ裏ボス「しんりゅう」のスケベオヤジぶりをスクープ!

ドラクエ大百科
スポンサーリンク

こんにちは、なおきちくんです♪

 

ドラクエⅢの隠しボス「しんりゅう」についてなのですが、

クリア後はガチガチにレベル上げをするスタイルの遊び方なので、さほど苦労した覚えもなく、「ゾーマ」さんはおろか「バラモス」さんほどに愛着がない・・・つーかあんまり覚えていないキャラなんですよね。

なので、スペックや攻略を知りたい方はwikiをドーゾって感じで、今回は思い出の中の「しんりゅう」について、特に人間性の部分について語ろうと思います。

 

スポンサーリンク

申し訳程度にスペック

エンディング後に出現する「裏ダンジョン」最奥に生息するボス。すんげー強い。


いつも思う事なんですが、オモテのボスと裏のボスって、何かのタイミングでバッティングしないんですかね??

 

お互い世界を改変できるほどの実力(軍事力もさることながら単騎スペックも)を持ちながら、最後まで邂逅しないハズはないと思うんですよね。

 

夜の歌舞伎町とかですれ違ったりしたら、側近たちはけっこう緊張感走るんじゃないでしょうか?

しんりゅう

スリッパで歌舞伎町歩くなや!!このパジャマッ!!

 
ゾーマさん

うっさいド〇ゴンボールのパクリキャラめッ!!!カメ〇メ波打ってみさらせッ!!!

 

…これについてはおそらく、将棋盤みたいに全体の戦力を双方が図りながら戦う訳ではなく、「ウワサ」、「前評判」、「隠している能力」、「ハッタリ」などを駆使しながら、お互いをけん制し合っているのでしょうね。

本当は「メラゾーマ」だったけど、ちょっと値打ち扱いて「今のんメラやで」って言っちゃう感じですね。

 

倒したターンで貰えるごほうびに難あり

短いターンで倒すと、ごほうびが貰えるシステムになっています。

全部で5個のごほうびが用意されています。「新すごろくのマップ」だの「アイテム」だの「新ダンジョン」については、ありがちなRPGの設定なのでいいんです。

4つ目のごほうびが、「エッチな本が読みたい」で、選択すると「エッチなほん」が手に入るシステムです。

急に変化球が飛んできたので「!?」となりますよね。

 

あまつさえ「動かない」、イマドキ「紙媒体」のそういうヤツを頂いたとて、なんだか複雑な気分になっちゃうんですよね。

ちちオルテガを いきかえしたい

ネットでも賛否両論のコマンドなのですが、討伐ターン数クリアの5番目のごほうびの内容です。ちなみに作中にでてくる言葉そのまんまなのですが、

イマドキの人たちの日本語で「あれ?なんやそれ?」と感じるシリーズのひとつ、

 

「気持ちかった♪」と同レベルです。

 

「エッチな本」の流れからくると、「ちちオルテガ」ですらなんかヤラシイ含みがあるんじゃないか?と穿った目線で「しんりゅう」の事を見てしまいますね。

 

まとめ

「しんりゅう」は竜の神様ではあるものの、我々俗の垢にまみれた凡人と同じく、「煩悩」にまみれた一人のヒトだという事がわかりました。

 

もしPS4でリメイクなんか出ちゃったりする場合は、「しんりゅう」を討伐せずに「エッチなほん」を探すクエストを是非実装してもらいたいですね。

 

「ベットの下」とか「調べる」と、実はトラップでしんりゅうをチート改造したステ―タスの「しんりゅうのオカン」が出現するとかね♪

 

©2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.©SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO

 

タイトルとURLをコピーしました