amazonアソシエイト合格♪~ハマった落とし穴と合格の為のウワサ=ウソ?ホント?

オトナの社会科
スポンサーリンク

こんにちは、なおきちくんです♪

2019.3月16日、「amazonアソシエイト」から合格の通知を頂きました。

”Googleアドセンス”の時とは違い、申請から14時間後の一発通知となりました。

ドナルドB
ドナルドB

なんつか、めちゃくちゃレスポンス早いなー!!!

というのが正直なところです。

世間で出回っているウワサを読む限り、7割以上で「落ちるだろうな・・・」と思っていました。

その辺りについて詳しく書いていこうと思います。

スポンサーリンク

第一関門、アカウントが作れない・・・(´;ω;`)

まずはamazonアソシエイトのサイトトップ、「無料アカウントを作成する」をクリックします。すると、

というログイン画面に来ます。

ちなみにぼくはAmazonのアカウントを持っているので、「登録しているEメールアドレスとパスワード」を入力します。

すると、

「ん!?ん!?」軽くパニック状態です。

赤ラインの部分がミソのようです。登録する前の初期状態では、

Amazonのアカウント≠Amazonアソシエイトアカウント

ってことなので、青文字になっている「アカウント」の部分をクリックし、

おそらくAmazonアカウントを作成した時と被っている内容も再入力しながら、打ち込んでいきます。

登録携帯番号の確認コードが受け取れない

まず、登録Eメールアドレスの認証は問題ありませんでした。

続けて、携帯番号を登録すると、amazon側から登録した携帯電話にテキストで「認証番号」を送信される手筈になっている・・・・ハズが全く来ません

これは迷惑メールフィルターだなと思い、許可フィルターに「amazon」を加えてみるも来ず。ちなみに全体の迷惑メール設定は「切」でした。

あれこれ試しているうちに、まさかの知恵熱が出てダウン、「もうガバガバの楽天アフリでええわ!!」と捨て台詞を吐き、丸二日寝こみました。

体調も戻り、改めて調べてみると解決方法がありました。

Softbankユーザーは要注意!amazonからメール(SMS)が届かない時の対処法

my softbankへログイン①「メールサービス」→「迷惑メール対策の設定」

②「迷惑メールブロックの設定」内にある「変更する」をクリック

③「海外からの電話番号メール」を「受け取る」に変更

で解決できました。ちなみにmy softbankの迷惑メール許可設定では、「アドレス」発信のメールを許可するもので、電話番号から発信されるメール=SMSは別物だという事を解ってなかった故のミスでした。

これで全ての登録が完了し、無事合格の通知を受け取ることができるようになった流れです。

世間で出回っているウワサ~嘘?ホント?

合格した状態でのぼくのサイトのスペックですが、先にGoogleアドセンスを合格しており、そこから数記事追加されたのみの状態です。

2回目の挑戦でGoogleアドセンスに合格しました!~失敗談と対策
僭越ながら、このたび”Googleアドセンス”の審査に無事、「合格」しました!!参考にさせて頂いたサイト様、ありがとうございます。今後も良質なコンテンツを提供できるよう、精進いたします。 こんにちは、なおきちくんです♪ 上記のと...

基本的なコンテンツである、「サイトマップ」「問い合わせフォーム」「プライバシーポリシー(Googleアドセンス仕様)」「運営者情報」は搭載しております。※よろしければ上記リンクも参照ください。

Amazonプライム加入が必須、ウソ?ホント?

過去にamazonで買い物をしたことがあるので、アカウントは存在していますが、プライムについてはアカウントが紐づけされていない家族が加入しているので「未加入」です。

フリーメールを使わずプロバイダ発行のメールを使う

amazonアソシエイトからもGoogleアドセンスからも第三勢力となる「Yahoo!メール」を使っています。

他の広告は外すべし?

Googleアドセンスがガンガン表示されている設定でした。

・・・Googleアドセンスの自動広告って、「本文やヘッダーの隙間に、まるで忍者のように広告を忍ばせます」と謳っていますが、

余裕でネタフリからオチの合間に広告を放り込んできたりしますよね。

「まるで忍んでない」広告がドバドバ表示されてましたが、問題なしでした。

Webサイトの説明はガッチリ書きこんだ方がいい?

登録フォームに出てくる画像の欄ですが、ぼくが書いたことは「ゲームソフト・周辺機器・ハード」のみでした。

ハッキリ言って「しゃちログ」の説明ゼロ

紹介したい商品のジャンルを羅列しただけで「簡単にすらご説明していない」状態でした。受かりました

まとめ

以上が、いろんなサイトさんを拝見させていただいて、おや、ワテはクリア出来ていなかったよ?と確認できた部分です。

ここからは個人的考察になるので読み飛ばして頂いても大丈夫なのですが、やはり広告を掲載する「主」として、おいおいこのサイト大丈夫か?とならない部分、

例えば

・管理者のプロフィール・・・どんな人が運営しているのか、bot的なヤツなのかそうでないのか?

・問い合わせフォーム・・・問題が発生した場合に向かい合うつもりがあるのか?

・サイトマップ・・・ネット上に広告を載せる以上、検索エンジンに全く引っ掛からないようなサイトではないか?

・記事数・・・1記事で広告を量産したりしないか?

と言った内容がキチンと整備されているのが望ましいと思います。

後は知恵熱を出さない程度に、一つづつクリアしていけばよいのではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました